MENU

OFFICIAL SNS

(C) DAITO HOUSING Co., Ltd. All Rights Reserved.

「本当にいい家」大切なのは将来性能!

<img src=”http://samidare.jp/daito/box/03title.gif” border=”0″><br /><br />高気密・高断熱の高性能住宅を見極める基準があります。1999年に改正された次世代省エネ基準です。地域にあわせて、熱損失係数(Q値)、相当隙間面積(C値)、夏期日射取得係数(μ値)の基準を表示したものです。<br />しかし、問題はその性能は完成時の性能であって、10年後、20年後の性能ではないということです。一般にC値は建築後4~5年で最低2倍にはなると言われています。かろうじで基準をクリアしていても、将来には高性能住宅でなくなる家がたくさんあるということです。””