MENU

OFFICIAL SNS

(C) DAITO HOUSING Co., Ltd. All Rights Reserved.

ご来場プレゼントQUOカード
下へたたむ

ご来場プレゼント

QUOカード

webフォームからご予約いただき、「大東住宅」の展示場へ
はじめてご来場されたお客様に、QUOカード1,000円分をプレゼント!

ご予約はこちら

車のガラスの結露を見て思うこと

暑い日が続くと、車のエアコンの温度も低くなりがちではないでしょうか。

特に、日差しの強い日中は、ついつい低くしがちですが、設定温度を低くしたまま、夜や早朝に車を走らせると、画像のように、窓の外側に結露があっという間に発生します。

冬の結露は、窓の内側で発生するので、窓を拭いたり、デフで暖かくすれば消えますが、夏の結露は、結露位置が逆転し、外側となります。

フロントであればワイパーでとれますが、サイド側の窓はそうもいきません。

この時期の、窓の結露を見るといつも思うのですが、車を走らせて風にあたっていても、露点温度に達すると必ず結露は発生し、風でも乾かないということを改めて感じるのです。

こうした結露は、夜間や早朝の気温が低く、湿度が高い時に、発生するのですが、外が27℃で90%位の湿度であれば、窓ガラスの外側の表面温度が、25℃以下になれば、必ず結露が発生するというわけです。

車の窓の結露は、特に悪い影響を及ぼしませんが、こうした夏型の逆転結露は、エアコンで部屋を冷やしすぎると、床下や壁の中、小屋裏でも簡単に起きてしまう現象だということを理解する必要があります。

夏型の逆転結露は、目に見えない壁体内で発生するので、非常に厄介で、住む人と建物の健康に大きな影響を及ぼします。

この時期、30℃で80%になったりすると、室内を26℃以下に冷やすと、壁体内や内装材の裏側でも結露が発生する危険性が高まるのです。

特に、雨上がりの暑い日などは、注意が必要で、外の熱気と湿気は、外から、壁体内に浸入してしまい、これまで、冬が定番だった壁体内の結露が、夏でも、高い確率で発生しているということを理解しなければならないのです。

参考までに、室内を26℃にした場合の、結露が発生する壁体内の温湿度をいくつか紹介しておきます。

35℃・61%
34℃・65%
33℃・68%
32℃・72%
31℃・76%
30℃・80%
29℃・85%
28℃・90%

というのが、室内を26℃にした場合の、壁体内結露の危険領域となる壁の中の温湿度になります。

27℃~28℃の室温であれば、まず問題はありませんが、それ以上に冷やすのは、結露の危険性が高まりますので、くれぐれも冷やしすぎにはご注意ください。

夏型の逆転結露に関しては、ほとんど対策が図られていないのが現実で、お客様自身がエアコンの使い方や換気に気をつけないと、被害が年々拡大してしまうということもリアルに考えなければならないのです。