お問い合わせ

大東住宅のサポート窓口

予算のことや土地探しなども含め、家づくりに関することはお気軽にご相談ください。サポートの営業時間は平日10時〜18時です。

お問い合わせ
0120-696-911
オーナー様のお問い合わせ
022-343-2021

オンライン相談

ソーラーサーキット

冬暖かく、夏爽やか。自然の力を活かした家

目指したのは、自然と上手に付き合うスローな暮らし。自然の心地よさを楽しみながら、健康、快適、省エネなどを考慮しつつ暮らしたい。そんな気持ちをサポートするソーラーサーキット。やわらかく暮らす家を実現しました。大東住宅は家づくりのプロとして住み心地にとことん拘り、「ソーラーサーキット」という工法を取り入れています。

ソーラーサーキット工法

四季の暑さ、寒さに合わせて衣替えする家。ソーラーサーキットはそんな家です。住み心地と耐久性を追求して外断熱・二重通気工法に辿り着きました。「ソーラーサーキット」は、「外断熱」と「二重通気」を組み合わせた、独自に開発された技術です。「外断熱」は、家全体を断熱材で包むことで躯体の断熱性能を高める、冬季に適した技術です。基礎から壁、屋根の上まで、断熱材ですっぽりと覆うことで、家全体を外気からシャットアウトします。

point 01

外断熱+高気密

基礎断熱と地熱の利用で、1階の床を冷やさないため、居室だけでなくトイレやお風呂場、小屋裏や床下まで温度差のない環境を保ちます。たとえば、家中がリビングのあたたかさで包まれます。

point 02

二重通気

躯体内外に設けた二重の通気層を使って上昇気流をつくることで、室内の熱や湿気を排出する、夏季に適した技術。エアコンに頼らなくても快適な室内環境をつくり、夏も冬も快適な住み心地を実現します。

気密(閉じる)と通気(開ける)を使い分け

寒暑に応じて着衣をこまめに脱ぎ着するように。気密(閉じる)と通気(開ける)を自在にコントロール。自然をより上手に使いこなします。気候の変化で左右される室内の温度変化を抑え、快適で心地よい住空間を創ります。ソーラーサーキットの家は、自然の心地よさが家族の歓びを包みます。

排熱

夏の季節

夜は、床下ダンバーが開いて、小屋裏ファンが夜間冷気を取り込み、駆体内を通気します。昼は床下ダンバーが閉まって、床下の冷気が逃げるのを防ぐとともに、暑くなりやすい小屋裏は小屋裏ファンと小屋裏給気口で通気します。上手に外の空気を使って、快適さと省エネが期待できます。

保温

冬の季節

床下ダンパー、小屋裏給気口を閉じて小屋裏ファンを停止することにより、駆体内の通気はせずに、閉鎖された断熱気密の空間となります。外からの寒さを防ぎ、屋内の暖気を逃しません。地熱のあたたかさを逃がさないように床下の換気口を閉めて、自然の温かさで建物をくるみます。

隅々まで排熱、排湿して快適に

建物の気密化は、冬暖かく快適に暮らすために欠かせません。 しかし夏の風通しのよい爽やかな暮らしと、住居の耐久性には、通気がとても大切です。この気密性と通気性、 相反する性能を気温の変化にあわせて使い分けるのが、 冬はもちろん夏にも良い独自の 「外断熱·二重通気工法」です。

外断熱+二重通気

ソーラーサーキットの家では、小屋裏ファンを作動し、 床下、 小屋裏や壁内といった駆体内まで通気して、 24時間連続運転の室内の換気とあわせて、 屋内の熱ごもりを緩和します。 夏でも気密性を保持する充填断熱工法に比べて約3℃低く、熱ごもりを緩和しやすいことがわかります。

充填断熱

充填断熱工法では、 駆体内空間も室内空間もソーラーサーキットの家に比べ高い温度になっています。空気の流出入口がないために、 昼間に温度上昇した空気は循環し、 翌朝でも閉鎖型の特徴である暑い温度で均化していることを示しています。

温熱的バリアフリーの家

屋根、壁、基礎まですっぽりと断熱材で包むので、冷暖房の効果が発揮しやすくなり、冬も夏も家の中の温度差を小さくすることも可能です。家全体を外側からすっぽりと断熱材で包むことで、 気候の変化から屋内を守ります。 断熱気密性が低いと暖房室と非暖房室との温度差は大きくなりやすいです。断熱気密性が高いと暖房室と非暖房室との温度差は小さくなりやすいです。

〒981-3414
宮城県黒川郡大和町鶴巣太田字壱町田24-5

TEL:022-343-2021 FAX:022-343-2282

E-mail:eigyo@daitojyutaku.co.jp

お電話でのお問い合わせ

0120-696-911

受付時間:10:00~18:00
(日曜・祝日・年末年始は除く)