MENU

OFFICIAL SNS

(C) DAITO HOUSING Co., Ltd. All Rights Reserved.

ご来場プレゼントQUOカード
下へたたむ

ご来場プレゼント

QUOカード

webフォームからご予約いただき、「大東住宅」の展示場へ
はじめてご来場されたお客様に、QUOカード1,000円分をプレゼント!

ご予約はこちら

耐久性

「外断熱」から高耐久の家をつくる仕組み

外断熱の施工では、断熱材の結合部分を強力な「気密テープ」を貼り付けます。これにより断熱の施工精度が上がり、外壁と内壁の間にある柱・梁などが熱を伝えることで起きてしまう「結露」も防ぎます。その結果、大切な構造躯体が結露で濡れて侵食されることも防いでいくのです。日本の住宅は湿気は付きもの、大きな隙間があると湿気が壁や床下、構造部分に入ってしまうと木を腐らせてしまい見えない部分をカビだらけなります。

「壁内通気」の重要性

大東住宅では躯体内の通気層により、木材が常に乾燥している状態をつくります。なぜなら、木の弱点である「腐る」という可能性を抑えるためです。通気層から湿気を外へ逃がすために、屋外に設置する温度変化センサーが外気温を感知し、基礎にある換気口をその季節に合わせて開閉、躯体内の湿気を排出するのです。この仕組みによって、従来の木造住宅をはるかに凌ぐ耐久性を実現しています。