お問い合わせ

大東住宅のサポート窓口

予算のことや土地探しなども含め、家づくりに関することはお気軽にご相談ください。サポートの営業時間は平日10時〜18時です。

お問い合わせ
0120-696-911
オーナー様のお問い合わせ
022-343-2021

オンライン相談

社会貢献

SDGsについて

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2001年に策定されたMDGs(ミレニアム開発目標)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

大東住宅でもSDGsの取り組みに賛同し、「ロングライフデザインの家づくり」や「家づくりの中でしかできない”体験”の提供」を通じて、持続可能な世界を目指すための貢献をしていきたいと考えています。

永く快適・安心に暮らせる住まい

健康に暮らせる温熱性能
住まいの断熱性能、気密性能を高める住まいづくりで、エネルギー消費の少ない快適な暮らしを提案いたします。
安心して暮らせる耐震性能
柱や梁などの構造材は、安心安全な暮らしを支える住宅づくりの軸となります。そこで、構造材の木材は強度に大きく関わるヤング係数や含水率が一定の品質以上のものを使用し、耐震性能は品確法の耐震等級3相当の仕様を標準とすることで、自然災害のリスクに備えた住宅作りに取り組んでいます。
家族の成長に寄り添う住まい
そこに住まう方の暮らし方は年月を経て変化してゆきます。そんな家族の成長の変化に寄り添い、暮らしを支える住宅を提案しています。

学びと体験を通じた家づくり

七つ森バスツアーで地元の森と、職人の技術を伝える
これから家づくりを始める人やすでに住まいをお持ちの方に、私たちが暮らす住宅を支える構造材を実際に目で見て触って、学んでいただく「森林バス見楽会」。住宅の材料に私たちの暮らす地域材を使うことで、豊かな環境づくりに貢献していることを学んでいただく取り組みです。

人と環境にやさしい素材選び

国産材・地域材を使った家づくり
日本は国土の7割が森林の国ですが、多くの木材を輸入している現状があります。国産材を使うことは、資源の有効活用はもちろん、地域林業の活性化や、間伐・植林を行うことによる森林の保護に繋がります。住宅を国産材で建てることにより、国土を守る活動へつなげていくことに取り組んでいます。

〒981-3414
宮城県黒川郡大和町鶴巣太田字壱町田24-5

TEL:022-343-2021 FAX:022-343-2282

E-mail:eigyo@daitojyutaku.co.jp

お電話でのお問い合わせ

0120-696-911

受付時間:10:00~18:00
(日曜・祝日・年末年始は除く)