MENU

OFFICIAL SNS

(C) DAITO HOUSING Co., Ltd. All Rights Reserved.

ご来場プレゼントQUOカード
下へたたむ

ご来場プレゼント

QUOカード

webフォームからご予約いただき、「大東住宅」の展示場へ
はじめてご来場されたお客様に、QUOカード1,000円分をプレゼント!

ご予約はこちら

ヒートショックのチェックリスト

この時期、浴室でのヒートショック事故についての注意喚起がよくなされますが、浴室だけで推定で、20,000人以上の方が、ヒートショックによって、命を落とされており、交通事故死の5倍以上というから驚きです。

そして、その内5,000人もの方が溺死していると言われています。

溺死の原因は、暖かい湯舟に長時間浸かることで、血管が広がり気を失ったり、立ち上がろうとして、急激に血圧が上がったりと様々考えられますが、長時間の入浴による熱中症のような症状を起こしているとも指摘されてます。

以前に日本は、断熱後進国という話を紹介しましたが、入浴は健康にとって血流の改善や基礎体温アップ有益な側面が多いのも事実ですが、ヒートショックによる事故死が、こんなに多い国は、日本だけで、他の国々から溺死大国とも揶揄されているのです。

紹介するのは、東京都市大学の早坂教授が考案した「ヒートショック危険度チェックシート」ですが、10項目あり、該当する項目が5個以上ある人は「ヒートショック予備軍」だそうですので、チェックしてみて下さい。

①メタボ、肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症、心臓・肺や気管が悪いなどと言われたことがある
②自宅の浴室に暖房設備がない
③自宅の脱衣室に暖房設備がない
④一番風呂に入ることが多いほうだ
⑤42度以上の熱い風呂が大好きだ
⑥飲酒後に入浴することがある
⑦浴槽に入る前のかけ湯をしない、または簡単にすませる
⑧シャワーやかけ湯は肩や体の中心からかける
⑨入浴前に水やお茶など水分をとらない
⑩1人暮らしである、または家族に何も言わずにお風呂に入る

対策として

〇脱衣場や浴室を暖かくする。〇熱いお湯や長湯は控える
〇食後や飲酒後の入浴は控える〇入浴前後に水分補給をする
〇かけ湯をしてから入る〇手摺を持ってゆっくり上がる
〇入浴時は家族に一声かけて入り、長い時はチェックする

というのが一般的ですが、高齢者の場合は、浴槽やイスから立ち上がる際に、力むことで血圧が上昇したり、逆に血流が低下して失神したりするケースもあります。

また滑って骨折したりするリスクも高まるので、手摺を持ってゆっくり立ち上がったり、すべり止めマットや椅子もシャワーチェアーのような高いイスにするのもいいようです。

また、肩まで暖めるために浴槽内のお湯を一杯にする高齢者の方も多いのですが、起き上がる際に血管が収縮して、気を失ったりするとそのままお湯に顔が使ってしまい窒息してしまうのが、溺死の原因とも言われていますので、浴槽内のお湯はほどほどにしておく方が無難です。

ちなみに、私がチェックしたら4個あてはまりましたが、脱衣場や浴室には暖房がありませんが、ソーラーサーキットの脱衣場や浴室は寒くないので、⑥と⑨あたりに気を付けたいと思います。

弊社では、高齢者の方々の建替えや住み替えも、数多く手掛けさせておりますが、家を新しくする前に、ヒートショックになったら大変なので、色々とアドバイスさせていただいております。

脱衣場や浴室が寒い従来の家に暮らす方へ、私がよくお伝えするのが、入浴前に服を着たまま浴室に入り、浴槽のフタを開けたり、熱めのシャワーを使い浴室が暖まってから、浴室内で、洋服を脱いで、上がる時も浴室内で身体を拭いて、パジャマに着替えた方がいいですよ。ということです。そして脱衣場にはガウンでも置いておいて、羽織っていただければ大分血管への負担は軽減すると思います。

そして、リビングや茶の間などの暖かい部屋との温度差が5℃前後であれば、ヒートショックのリスクは大分軽減しますが、10℃も15℃も温度差があると血圧が30~50以上も変動する血圧サージを引き起こしやすくなるようです。

昨日まで、元気だったのに突然襲ってくるのが、ヒートショックの怖いところです。

最近は、高齢者だけではなく、中高年の事故も増加しているようですのでくれぐれもご注意ください。

※ 特に飲み過ぎた後は、脱水状態だったり、逆に血管がアルコールによって拡張しており、血管の収縮を繰り返す寒い浴室での入浴は、一番危険ですので控えた方が無難です。コップ一杯の水を飲んで暖かくしてお休みになる様心がけて下さい。