MENU

OFFICIAL SNS

(C) DAITO HOUSING Co., Ltd. All Rights Reserved.

ご来場プレゼントQUOカード
下へたたむ

ご来場プレゼント

QUOカード

webフォームからご予約いただき、「大東住宅」の展示場へ
はじめてご来場 1家族1回限り、QUOカード1,000円分をプレゼント!

ご予約はこちら

構造用の金物にも結露?

前回、充填断熱の構造部の熱橋(ヒートブリッジ)について紹介させていただいていますが、熱橋は、構造材のみならず内部に数多く設置される構造用の金物も大きな影響を受けてしまう箇所になります。

特に、基礎と土台をつなぐアンカーボルトや外気側から壁体内に貫通する金物は、冷たい外気温の影響を受け、結露は免れず、断熱材を濡らしたり、土台や柱などの木材を腐らせ、金物まで腐食するなど様々な問題を引き起こしてしまいます。

昨今の建物には、耐震基準の強化もあり、構造用の金物が多数使用されていますが、内部結露の危険性を認識し、躯体内の防露対策を重視している造り手は、断熱補強やウレタンを充填するなどの対策を図っています。

しかし、こうした業者はごく少数であり、ほとんどが金物部分の熱橋などお構いなしに施工しているのが現状です。

悩ましいのが、お構いなしと言っても熱橋の怖さを理解し無視しているのではなく、理解していない業者が、まだ大部分ということで、別に手抜きしているというわけではないということです。

結果的に、ユーザーにも伝わることはなく、よほど勉強しなければ気づかない部分でもあり、ほとんどのユーザーは、知らないまま、知らされないままに家が造られてしまっているのです。

実際に、金物部の結露によって、僅か築6年で構造がボロボロになった被害例も、報告されており、決して他人事ではないという認識が必要です。

充填断熱の建物を選択する場合は、気密や断熱・換気・冷暖房に加え、熱橋対策はなされているか、十分確認した上での家づくりを進めなければ、将来の耐震性や断熱性が低下する可能性が大きくなりますので、くれぐれもご注意ください。

もちろん、完全な外断熱の場合は、構造や金物部分も断熱材の内側になることで、熱橋の影響は受けることはほぼありませんのでご安心ください。