お問い合わせ

大東住宅のサポート窓口

予算のことや土地探しなども含め、家づくりに関することはお気軽にご相談ください。サポートの営業時間は平日10時〜18時です。

お問い合わせ
0120-696-911
オーナー様のお問い合わせ
022-343-2021

オンライン相談

坪単価のマジック その③

坪単価を施工面積で表示し、メーターモジュールにより見た目の面積を増やす事で、坪単価を安く見せつつも、合計金額の引き上げを図るローコストメーカーですが、本体工事以外の別途工事や付帯工事にどの位必要なのかを理解しているお客様はあまりいらっしゃいません。

ここでざっと別途工事となるものをあげてみましょう。

○外部給排水工事 ○雨水排水工事 ○下水道接続工事 ○電気引き込み工事 ○仮設工事(電気・水道・トイレ)○仮設足場工事○2階トイレ・洗面所 ○勝手口 ○和室真壁仕様 ○一室を超える和室○和室障子○面格子/出窓○網戸○照明器具○エアコン○暖房器具○カーテン工事 その他にも出隅や入隅の数・2階部分の比率・屋根勾配・軒の出・スイッチ・コンセントの数など少しでも基準をはずれると追加・変更工事が発生する仕組みになっています。(会社により微妙に違います。)

そして諸費用や諸経費にも、本来工事費に含まれるような費用が別途に計上されているケースが多いので注意が必要です。

○地盤調査費用 ○気密検査費用 ○各種検査費用 ○工事管理費用 ○設計管理費用 ○確認申請諸費用 ○オール電化申請費 ※ 設計変更や仕様変更には変更手数料が発生するケースがよくあります。

こうした費用が、さらに価格にプラスされる為に、あっという間に坪40万はおろか50万をゆうに超えてしまい、とてもローコストとは呼べない住宅が非常に多くなっています。

大事なのは、入り口の価格ではなくあくまで出口の価格であり総額を示した最終価格です。

くれぐれも坪単価のマジックにはご注意下さい。

※最近では坪単価ではなく、小さな建物をベースにした総額表示の会社も出没してきましたが、基本的に価格を前面に出している会社は、坪単価にせよ総額にせよ、初めの入口価格を鵜呑みにすると大変な事になってしまうのでくれぐれもご注意下さい。

〒981-3414
宮城県黒川郡大和町鶴巣太田字壱町田24-5

TEL:022-343-2021 FAX:022-343-2282

E-mail:eigyo@daitojyutaku.co.jp

お電話でのお問い合わせ

0120-696-911

受付時間:10:00~18:00
(日曜・祝日・年末年始は除く)