お問い合わせ

大東住宅のサポート窓口

予算のことや土地探しなども含め、家づくりに関することはお気軽にご相談ください。サポートの営業時間は平日10時〜18時です。

お問い合わせ
0120-696-911
オーナー様のお問い合わせ
022-343-2021

オンライン相談

気密性能C値の数値はどのくらい・・・

今回は、前回の続きで気密性能の相当隙間面積C値は、どれ位の<br />数値が望ましいかについて、お話します。<br /><br />下の表は平成11年の「次世代省エネルギー基準」地域区分の相当隙間面積です。<br /><br /><img src=”http://samidare.jp/m-seino/box/K.jpg” border=”0″><br />(宮城県は、一部Ⅱ地域もありますが概ねⅢ地域です。)<br />当時は各地域区分ごとに明確なC値が定められていましたが、現在は<br />「気密性の確保の基準」へ修正されております。<br /><br />気密性能については冷暖房を考えた場合、出来るだけ小さい数値が望まれます。<br /><br />特に蒸暑地域では、夏のクーラーの使用が常識になってきましたからC値=5の<br />気密性能では、暖湿気が室内に侵入しクーラーの効きが悪くなるばかりか逆転結露<br />の心配があるからです。冬の暖房熱は空気が膨張し隙間風を遮断しますから、<br />温熱環境だけを考えた場合も寒冷地よりもしろ、夏の蒸暑地域の気密性能が<br />重要であると言う説もあります。<br /><br /><br />出来るならば全国一律1C㎡/㎡以下の気密性能が理想的です。<br />””

〒981-3414
宮城県黒川郡大和町鶴巣太田字壱町田24-5

TEL:022-343-2021 FAX:022-343-2282

E-mail:eigyo@daitojyutaku.co.jp

お電話でのお問い合わせ

0120-696-911

受付時間:10:00~18:00
(日曜・祝日・年末年始は除く)