お問い合わせ

大東住宅のサポート窓口

予算のことや土地探しなども含め、家づくりに関することはお気軽にご相談ください。サポートの営業時間は平日10時〜18時です。

お問い合わせ
0120-696-911
オーナー様のお問い合わせ
022-343-2021

オンライン相談

2Fの暑さ対策!

昨日、エアコンの使い方について投稿したら、2階の暑さについて、お問い合わせをいただいたので、引き続きご紹介させていただきます。<br /><br />1階より、2階。2階より小屋裏の方が暑くなるのは自然の摂理ですので、ここ最近の暑さによって、2階が30℃を超えるケースが出てくるのはしようがない事です。<br /><br />2階の使い方や暑さに対しての考え方については、住まわれる方によってそれぞれですので、暮らしに合わせて工夫していただくしかないのですが・・・。<br /><br />ただ常に快適にしておきたい方は室内が28℃を超えたら、エアコンを28℃位の省エネ設定にして連続運転させた方がいいと思います。気になる電気料金も、2.8Kのエアコン8時間の利用であれば50円かからないと思います。<br /><br />また吹き抜けなどがあり、2Fのエアコンで1Fも間に合わせるというような家では1・2℃温度設定を低くしてもよいと思います。<br /><br />2Fは普段使わずに寝る時だけ涼しくしたいという方は、短時間のエアコン利用でもちろんOKです。<br /><br />夜になって外気温が25~26℃になったら、窓を開けておくと短時間で室温も下がりますのでお試し下さい。(湿度には注意)<br /><br />大東の外断熱の場合は、壁の中や小屋裏の熱ごもりを二重通気で抑えているので、一般の住宅のように、一旦室温が下がってエアコンや窓をOFFにしたら、輻射熱でまた暑くなるという事はありません。(エアコンをつけておかないと暑いという事もない)<br /><br />ちなみに私の家では、夜9時~10時位の外気温と湿度を確認して、2Fや寝室の窓を開けるか、エアコンを少し利用するか判断しています。(我が家ではやりくり10なので夜10時~朝8時まで安いので、今はエアコンの方が多い)<br /><br />そして、少し温度を下げ、27~28℃位の状態で眠りにつきますが、寝ている間は窓は閉めて、エアコンももちろん消していますが、寝苦しいと思ったことや暑くて目が覚めるという事もありません。<br /><br />また何か質問がございましたら、お問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。<br /><br /><br /><br />

〒981-3414
宮城県黒川郡大和町鶴巣太田字壱町田24-5

TEL:022-343-2021 FAX:022-343-2282

E-mail:eigyo@daitojyutaku.co.jp

お電話でのお問い合わせ

0120-696-911

受付時間:10:00~18:00
(日曜・祝日・年末年始は除く)