お問い合わせ

大東住宅のサポート窓口

予算のことや土地探しなども含め、家づくりに関することはお気軽にご相談ください。サポートの営業時間は平日10時〜18時です。

お問い合わせ
0120-696-911
オーナー様のお問い合わせ
022-343-2021

オンライン相談

木材の含水率

今回も木材について考えます。<br /><br />前回、住宅に使う木材は乾燥した物を使用することが大切であると<br />お話しましたが、今回は、その乾燥度合いを示す含水率についてです。<br /><br />木材の含水率については、住宅建築をお考えの方は、既にご存知の方も多いと<br />思いますが、簡単にお話します。<br /><br />木材を乾燥させ水分を追い出し、木材の目方が減らなくなった時<br />の木の重さと、乾かす前の水分を含んだ木の重さとの差が水分重量となります。<br />木の重さに対する水分の重さの比率を木材の含水率で表します。<br /><br />では、乾燥をしない生材の含水率は、どのくらいなのでしょう。<br />ある資料によると、杉は、辺材で平均220%心材で平均130%の水を<br />含んでいるそうです。檜は、辺材で平均160%心材で平均42%なのだそうです。<br /><br />人工的に乾燥させなければ100%以上の水分量を含んでいることになりますね。<br /><br />高気密・高断熱(次世代省エネルギー基準)の住宅では、構造材に含水率20%以下<br />の乾燥材を使用するような基準になっていますが、出来れば収縮や狂いの出にくい<br />15%以下(日本のおよその平衡含水率)にすることが理想的です。<br /><br />相当乾燥させなければなりませんね。<br /><br />しっかりとした住宅を建てるには、構造材が重要でしっかりとした材質と管理<br />が大切です。含水率はその重要な要素ですね。<br /><br />今回はここまでです。(平衡含水率については次回にでもお話します。)<br />

〒981-3414
宮城県黒川郡大和町鶴巣太田字壱町田24-5

TEL:022-343-2021 FAX:022-343-2282

E-mail:eigyo@daitojyutaku.co.jp

お電話でのお問い合わせ

0120-696-911

受付時間:10:00~18:00
(日曜・祝日・年末年始は除く)