MENU

OFFICIAL SNS

(C) DAITO HOUSING Co., Ltd. All Rights Reserved.

ご来場プレゼントQUOカード
下へたたむ

ご来場プレゼント

QUOカード

webフォームからご予約いただき、「大東住宅」の展示場へ
はじめてご来場されたお客様に、QUOカード1,000円分をプレゼント!

ご予約はこちら

塩釜市民の苦悩!

塩釜市に建てたお客様のローン契約の時の話。<br /><br />住宅ローンを借りた経験のある方ならご存知だと思いますが、とにかく何枚もの書類に署名をしなければならない。<br /><br />署名をする際は印鑑証明書の記載と同じというのが基本だ。番地を〇ー〇と書いたりはもちろん×で〇番地〇号と正式に書かねばならないし、アパート名なども登録している場合は全て記入しなければならない。<br /><br />それゆえに塩釜市民の方は塩釜市を塩竈市と書かねばならない。今まで見てきた限りでは、目を細め印鑑証明を見ながら記入するお客様がほとんどだ。そして記入が終わると「こちらの書類にも難しい方の字で」と銀行の方に言われてまた印鑑証明に目をやる。そう、1度や2度書いた位では覚えられないのだ。<br /><br />塩釜市民の方ってホント大変だなとその時ばかりは思うのでした。<br /><br />家を建てるときは字の練習をしておきましょう。<br /><br />塩竈の竈の書き方とその由来が塩釜市のHPに!<br /><br /><br /><br /><a href=http://www.city.shiogama.miyagi.jp/html/service/kamado/index.html” target=”_blank”><font style=”color:#0000CC;”><b>http://www.city.shiogama.miyagi.jp/html/service/kamado/index.html</b></font></a><br /><br />※ 昔は塩も鹽だったようなので塩釜の人はホントにエライ!<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />””