お問い合わせ

大東住宅のサポート窓口

予算のことや土地探しなども含め、家づくりに関することはお気軽にご相談ください。サポートの営業時間は平日10時〜18時です。

お問い合わせ
0120-696-911
オーナー様のお問い合わせ
022-343-2021

オンライン相談

木材の欠点について

今回は、前回に引き続きで木材について考えるです。<br /><br />前回お話した様に木の欠点を取り除くことで<br />耐久性に優れた家造りが可能となりますでは、木材の欠点について考えます。<br /><br />木材の欠点としてよく言われているのが、乾燥による割れ、狂いなどによる変形<br />そして、水分過多による腐朽の3点です。この3点を如何に取り除くかが、<br />住宅の寿命を延ばす大切なポイントです。<br /><br />木材を利用する場合、木に含まれる水分は木の特長の妨げになっています。<br /><br />木が腐るのは木に含まれる水分が多すぎるためですし又、含まれる水分の量に<br />よって伸び縮みすることがあります。<br /><br />木に含まれる水分が減っていくと木は縮み、割れたり反ったりします。<br /><br />逆に乾いた木に水分が入っても伸びたり反ったりします。<br /><br />木を上手に使うことは、木に含まれる水分をどう処理するかなのでしょう。<br /><br />だからこそ、よく乾いた木材を使うことによりそれらのトラブルを<br />少なくすることが、必要です。<br /><br />生木の枝は、曲げやすいのですが乾くと曲げにくくなります。<br />この様に木は、水分を取り除くことにより強度がより高くなります。<br />(約5割増しと言われています。)<br /><br />この様なことから、木材の乾燥は大変重要なのです。<br /><br />今回は、ここまです。<br /><br />では次回までバイナラ・・・・。<br />

〒981-3414
宮城県黒川郡大和町鶴巣太田字壱町田24-5

TEL:022-343-2021 FAX:022-343-2282

E-mail:eigyo@daitojyutaku.co.jp

お電話でのお問い合わせ

0120-696-911

受付時間:10:00~18:00
(日曜・祝日・年末年始は除く)