お問い合わせ

大東住宅のサポート窓口

予算のことや土地探しなども含め、家づくりに関することはお気軽にご相談ください。サポートの営業時間は平日10時〜18時です。

お問い合わせ
0120-696-911
オーナー様のお問い合わせ
022-343-2021

オンライン相談

高性能住宅(高気密・高断熱住宅)の住まい方 その2

 早速ですが前回の続きをお話します。<br /><br /> 高性能住宅の住まい方のポイントは・・・・<br /><br /> 冬期は、家中何処でも生活上快適な温度が保たれていることが、ポイントで暖房しない冷えた部屋を残すと結露の恐れがあるので家全体の温度のバランスを取り少なくても15~16℃以上を保つ必要があります。<br />又、高性能の住宅では、窓からの日射や照明・人体からの発熱等があり有効な暖房エネルギーの源となるので少ない暖房エネルギーの補給で適温を保つことが出来ます。<br />昼夜連続して暖房し一日中ある程度の屋内温度を保つことがポイントです。<br /><br /> 結果的にエネルギーロスも少なくなります。<br /><br /><br /> 夏期の場合は、暑い外気と室内を区分して日中の外の暑さを遮断し工夫により夜の涼しさを有効に生かして夏を涼しく過ごすことが出来るわけです。<br /><br />しかしながら日射や生活発熱が高断熱化された室内にこもってしまう<br />のみならず躯体内(床下や小屋裏・壁の中)にこもった熱が夏に暑い住宅にしてしまうのです。<br /><br />そうならのいためには、日射遮蔽の調節操作が不可欠であり又熱気の排出・通気の確保・夜間の低温外気の導入・低温の保持などの防暑対策が必要に<br />なります。<br /><br />しかしながら窓開けが難しい市街地のような立地条件や天候の問題もありなかなか生活者自身だけでの温度コントロールは、難しいと考えられます。<br /><br />特に躯体内の熱ごもりについては、何らかの建築的な工夫が無ければ対応が出来ないでしょう。<br /> <br /> では次回は暖冷房に頼りすぎないで暮らす家についてのお話を予定します。・・・<br />

〒981-3414
宮城県黒川郡大和町鶴巣太田字壱町田24-5

TEL:022-343-2021 FAX:022-343-2282

E-mail:eigyo@daitojyutaku.co.jp

お電話でのお問い合わせ

0120-696-911

受付時間:10:00~18:00
(日曜・祝日・年末年始は除く)