MENU

OFFICIAL SNS

(C) DAITO HOUSING Co., Ltd. All Rights Reserved.

ご来場プレゼントQUOカード
下へたたむ

ご来場プレゼント

QUOカード

webフォームからご予約いただき、「大東住宅」の展示場へ
はじめてご来場されたお客様に、QUOカード1,000円分をプレゼント!

ご予約はこちら

ソーラーサーキットのZEHはレベルが違う!

最近、ZEH(ゼッチ)という言葉をよく聞くと思います。

ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギーハウスの略称ですが、

改めてご説明させていただきます。

ネット・ゼロ・エネルギーハウスとは?

住まいの気密性と断熱性を高め、高効率の省エネ設備を導入し、かつ太陽光発電などで、エネルギーを創ることで、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」以下にする住宅を指します。

つまり、家のつくりを高気密・高断熱にして、 高性能樹脂トリプルガラスなどで開口部の性能も上げ、 高効率エアコンや高効率給湯器・熱交換換気システム・LED照明など、省エネ性の高い、高効率の設備や機器を使用し、太陽光発電システムなどにより、エネルギーを創出、HEMS機器により、エネルギーを効率よくマネージメントするということになります。

政府は、住宅について、2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を 標準的な新築住宅とし、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指すとしており、ZEH住宅の普及・促進を図るために、「ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業」による補助金制度を設けており、弊社でもZEHビルダーに登録し、2020年までに年間の新築棟数の50%達成を目指しております。

一口にZEHといっても、性能は各社まちまちで、ZEHという言葉だけを鵜呑みにして、安易に選択すると、期待どうりの結果が出なかったり、数年で光熱費が上昇したり、後々後悔することになりかねませんので、見極めが非常に大事になってきます。

ZEH基準のベースになるのが、UA値(外皮熱貫流率)となります。

2020年に義務化となる改正省エネ基準における宮城県のUA値は、0.75ですが、ZEH基準では、0.6W/㎡K以下の数値が求められています。まずは、各メーカーの数値の比較・検討が必要となります。

また、UA値同様、重要な性能値として、C値(隙間相当面積)の確認も必要ですが、2020年に義務化となる省エネ基準では、なぜか?C値の基準は削除され、測定の義務もないのが現状ですので注意が必要です。

書籍には、詳しく説明しておりますが、気密性能が不十分だと、計算どうりの性能が発揮できないばかりか、家の寿命と住む人の健康を損ねる原因となる内部結露の危険性が高まります。

一般的に寒冷地では2.0以下の気密性能が必要とされておりますが、将来の経年変化による気密劣化も考慮しなければならず、最低でも1.0以下の数値は必須かと思います。

※ 気密測定を実施していないメーカーは論外ですのでご注意ください。

さらに、ZEH計算は、あくまで設計時の計算値であり、計算どうりの性能が発揮するには、確実な断熱施工が必要なことは言うまでもありません。

そして、何より大事なのが、新築時の性能が、劣化することなく、将来にわたり維持できる建物かどうかが大きなポイントとなのです。

それでは、ソーラーサーキットのZEH仕様の性能値と他社にはない特徴を簡単に説明させていただきますので、比較してみて下さい。

〇 ソーラーサーキットZEH仕様は2020年に義務化となる省エネ基準で、北海道基準(0.46)を上回るUA値0.39を実現しています。(宮城県の省エネ基準は0.75・ZEH基準は0.60)

〇 平均C値0.46という業界トップレベルの気密性能に加え、10年後に気密検査を実施して、C値1.0以下を保証します。(完成時の気密保証は0.7となります)

〇 外断熱の大きなメリットである輻射熱効果によって、暖房の設定温度は低めでも十分な暖かさが得られます。

〇 「季節に合わせて衣替え」 二重通気による自然の力で、室内の温度上昇を抑え、パッシブクーリング(建物を冷ましてくれる)効果により、暑い夏でもエアコンに頼らない快適な暮らしが実現します。

〇 熱交換と普通換気の切り替えが可能な四季対応のSC-SV換気システムによって、夜間や早朝の涼しい空気をそのまま室内に導入するので、爽やかな朝が迎えられます。

ソーラーサーキットのZEH仕様は、気密・断熱の高い性能値に加え、完全外断熱と二重通気の効果によって、寒い冬もさることながら、暑い夏においてもエアコンに頼らない爽やかな暮らしが送れますので、計算値以上の性能を発揮するのです。

そして、経年劣化のほとんどないLVL構造材による耐震構造にプラスして、構造材が常に空気に触れることで、湿気の影響を受けないために、完成時の性能が長期にわたり、発揮する「いつまでも強く・いつまでも快適な」住まいと言えるのです。

“”