お問い合わせ

大東住宅のサポート窓口

予算のことや土地探しなども含め、家づくりに関することはお気軽にご相談ください。サポートの営業時間は平日10時〜18時です。

お問い合わせ
0120-696-911
オーナー様のお問い合わせ
022-343-2021

オンライン相談

内装材の調湿作用

今回は、内装材に使われる木材の調湿効果についてのお話です。<br /><br />木材は、ある程度まで乾燥すると周囲の水分を吸放出して自らの水分を<br />保とうとする性質があります。この一定の含水率を「平衡含水率」と呼び<br />日本の気候風土では、15%が目安とされています。この内容は、以前にも<br />お話しました。<br /><br />では、内装材に無垢材を使用するとどれ位の効果があるのでしょう。<br /><br />下の画像は当社でも扱っております。ウットワンの無垢材ジュピーの<br />調湿効果の資料です。<br /><br /><img src=”http://samidare.jp/m-seino/box/scan-13.jpg” border=”0″><br /><br /><br />この資料によると無垢材の自然塗料は、一般的なシートのドア+単板突板床材の<br />8倍の吸放湿量があることがわかります。<br /><br />やはり無垢材は、調湿について大変優れた性能を持つ日本の気候風土に合った<br />内装材ですね。<br /><br />しかし、この作用により無垢材は、多少の伸縮をすることがあります。<br /><br />これを好まれない方には、あまりおすすめ出来ませんが、ちょっと見方を変えれば<br />無垢材の伸縮も快適な住空間を保ってくれる証ではないでしょうか。<br />””

〒981-3414
宮城県黒川郡大和町鶴巣太田字壱町田24-5

TEL:022-343-2021 FAX:022-343-2282

E-mail:eigyo@daitojyutaku.co.jp

お電話でのお問い合わせ

0120-696-911

受付時間:10:00~18:00
(日曜・祝日・年末年始は除く)